ママはどこを見てる?子供目線に。

人の観察が大好きなYUKIです。素晴らしい対応をされているママを見かけたら吸収させていただいております。

スポンサーリンク

 

どうなって欲しくて怒っているのですか?

児童館でよく見かけます。「〇〇したらダメでしょ!」…何がダメなんだろう。とわからない〇〇もよくあります。

これ、よく耳にします。「ちゃんとしなさい。」…「ちゃんと」ってどんなことだろう。

子供はお母さんが、”怒っている”事はわかるのでたぶん辞めるでしょう。謝るかもしれません。でもどうでしょう。「どうすればよかったのか」わかっているでしょうか。

視点を変えましょう。お母さんは「子供はなぜ自分を困らせていて、そして自分は何で怒って、何のために怒って、子供にどうして欲しいのか」考えて怒っていますか?

怒ってもいい状況ですか?

あるケーキ屋のイートインでの出来事です。

お母さんと、2歳くらいのお兄ちゃんとら0歳の赤ちゃん3人が入ってきて私の隣のテーブル席につきました。お母さんはぐずる赤ちゃんをなだめており、お兄ちゃんは向かい側の席でiPadで動画を見せてもらってました。そして、お母さんは赤ちゃんが機嫌が良くなると、「もう終わりね。」とiPadを片付けました。まだ見たい!と泣きわめくお兄ちゃん。「静かにしなさい!」と怒るお母さん。

どうですか?

これは大人の都合を押し付けすぎて、いくら何でもお兄ちゃんが可愛そうです。

ドラマや映画を観ていて、途中で止められたら怒りますよね?

ではどうすればよかったのか。

  • iPadを見せるのであれば事前にいつまでかを約束する。(赤ちゃんの機嫌が良くなるまで。はわかりにくいので、ケーキが来るまで〜の方がいい)
  • ケーキが来るまでに片付けたあのであれば、理由を話してor時間を決めて、お兄ちゃんと話し合って終わらせるべき。

このような会話をすればよかったのではないでしょうか。

「赤ちゃんが泣いてるから、泣き止むまでYouTube見て待っててね。」→「ありがとう。待っててくれて。赤ちゃん泣き止んだからママとお話ししようか。iPad置いてたらケーキ開けないし。すぐ見るの終わる?もう少し見て終わる?」

買い物中、キッズルームで遊んでいる子供に、買い物が終わった後すぐに、「帰るよー」そして「いや!まだ遊ぶ!」と言った子供に対し、「もう遅いから帰るよ!早く靴履きなさい!!って言ってませんか?

まずは、「待っててくれて、ありがとう」を言いましょう。さらに「〇〇ちゃんがいい子にしてくれたから助かった!」などを付け加えるとなお良しです。そして、「今日の夜ご飯〇〇ちゃんの大好きなオムライスだから帰ろ!」や、「〇〇ちゃんとっても良い子だったから、あと5分だけ遊んでいいよ。」、5分後に駄々をこねるのであれば、「暗くなったらオバケ出てくるけど、ママ怖いなぁ…今帰ればオバケ出てこないけど…」などあの手この手で交渉しましょう。

怒らないで交渉してください。ほとんど大人が怒る理由って大人の都合なんですから。

子供は自分で判断できません。

こちらもよく見かけます。

靴下問題

フローリングで靴下を履いて滑りながら走っている子。

子供は何をするかわからないんですよ。ホント。なので、私は滑らない床であっても靴下を脱がせて遊ばせております。滑って転けてお友達とぶつかったら大変です。

ですが、明らかに滑らない床で靴下を脱がせろ!とは言いませんが、フローリングは別です。てかもう子供目の前で滑って転けてます。

子供は「滑って転けるから靴下脱がせて」とは言えないんです。

大怪我をする前に脱がせてあげてください。

上着問題

すいません。小さな事で。

でもよーーーーく見かけるんです。

ママ上着脱いで、トレーナーを膝までまくり上げている。その子供ダウン着たまま遊んでる。

ママ上着脱いで、トレーナーを膝までまくり上げている。その子供セーターにニット帽被ってる。

大人が暑かったら子供もっと暑いんですよ。

そこそこ大きくならないと「暑い」って言ってこないし、遊びに夢中になれば「暑い」なんてどうでもよくなるんです。

今子供にとって過ごしやすい状況か。常に気にしてあげてください。

まとめ

全ての行動に対して、子供の気持ちになってあげましょう。

でも難しいときはとりあえず「上を向いて口角を上げてください」

きっと小さな事は気にならなくなりますよ。

よい一日を、よい人生を。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました