FXに挑戦!

FX知れば怖くない コツコツ月5万

楽してお小遣いがもらえないか常に考えているYuです

FXって怖くないよ。


みなさん、宝くじ買ってますか

宝くじ、いくら買ってますか?

ちなみにYuは一番多い時で年に3回、 1回10,000円
(連番3,000円×1、バラ3,000円×2+スクラッチ1,000円分)

なので、年に30,000円使ってる。
2年で60,000円、3年で90,000円・・・

でも当選金額は3,000円が当たると手が震えるレベル。
周りの人で1,000万円当たった!とか聞かないですよね。
(言わないだけかもしれませんが。

それでは本題に少し足を突っ込みます。
当たらない宝くじにお金をつぎ込んでいるの

投資となると守りに入るのはなぜでしょう?

「お金の運用は怖い」
「FXは怖い」
「FXは負けるよ。」

などなど負の情報しか入ってこないからでしょう。
しかし、少し困った情報もあります

楽して20万!
ノーリスクで50万!
何もせずに1日1万!

こんな情報だけを見ていると、投資(FX)は簡単じゃないか!
とお金を注ぎ込み、そしてなくなる。という状況に陥ります。

今回お伝えしたいことはこちらです。

世の中おいしい情報こそ怖いものはない。
FXに勝つためには、
とりあえず実践、正しい情報収集、計画的な資本計画、
そして検証

勉強も何もせずに1万円はもらえません。

今回は実践、情報収集、資本計画、検証の4つを簡単にご紹介。

ちなみYuはコツコツ月5万ほど稼いでます^^

とりあえず実践

やってみなけりゃわからない。

自転車にまだ乗ったことのない子に
「不安なことある?わからないことある?」
と聞いても、まだ乗ったことがないから、疑問はないでしょう。

あるのは

乗れるかな?というワクワクやドキドキでしょう。

乗ってみて初めて、足をぐっと下にすると動くんだ。
坂道は立ってみたほうが漕ぎやすい!
坂道で止まるともう一度漕ぎ出すのに物凄く力がいる・・・ってことに気づくんです。

FXも同じ。
ってゆうか、初めて挑戦するものはすべて同じ。

やってみなけりゃわからない。

さぁとりあえずFXの会社調べてみましょ。

Yuが使っているのは
FXTFのMT4

MT4を使いたくてこの会社にしました。
そこまで会社の検証をしていないので何とも言えませんが、
MT4はおすすめ。

正しい情報収集

とりあえず実践してみたらいろいろ疑問がわいてきますよね。
単語の意味とか

なんですぐ負けるのか・・・・

Yuははじめスキャルピングに挑戦しました。
数秒~数分で売買を繰り返すやつですね。

一番負けるやり方でした。

そしてデイトレをし、

今はスイングトレード
数日~数週間保有するやり方です

お勧めしたい情報収集方法はYouTube

YouTubeでも取捨選択はしないといけないですが、
とてつもない情報が転がってます。
家事をしながらYouTube。日課です。

この人信用できるな。って人が見つかればその人のやり方、等々を実践してみる!です。

負けてしまうと、この情報間違ってた!私には合わなかった・・・と思うかもしれませんが、ここで検証が必要になってきます。

一番大切「検証」

何をするにも「検証」は一番大切です。
その前にルール作りも必要なのですが、また後日。

なぜ負けたのか。
なぜ買ったのか。

Yuが使っているツールとしては

  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • RCI

負けた時は、ルールに従ったか。を検証します。
そして従わなかった場合、なぜ従わなかったかを考えます。

検証を続けていくと精度は上がっていきます。

計画的な資産運用

ここで重要なPOINT

余裕資金でする

Yuは10万円スタートです。
10年宝くじを買った気持ちでスタートしました。
(最悪なくなってもいいと勇気を出す。)

話は変わりますが、
カジノって金持ちが勝つんですよね~
なぜでしょう。
正しい判断ができるからだと思うんです。
凡人(はい、私です。)は、「ここ勝てると思うんだけど、負けたら1万なくなる・・・」のように一瞬ネガティブな思考に邪魔され、
躊躇し、チャンスを逃し・・・・・・・・・・・・チーン

はい

博打をしようって話ではありません。

スイングトレードの場合、レバレッジや掛け金にもよりますが、何千円何万円の赤字を経て黒字になるケースがたくさんあります。

こんな時、大金を費やしていると不安でたまりません。
何も手につきません。

投資は計画的に。

慣れるまでは少額。
少額すぎても心理的に問題があるので
すこしドキドキするくらい(なんてアバウト!)がいいのでは?

よい1日を!よい人生を!

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました