いっぱい褒めよう!目指せ褒め上手!

いっぱいほめよう

褒め言葉、何個言えますか?「大好きよ」「愛してるよ」行ってますか?

なんでも褒めよう

大袈裟に、なんでも褒めてあげましょう!あなたはいくつ褒め言葉を発する事ができますか?

「すごいね」「さすが」「早い!」「強い!」「カッコいい」「かわいい」「きれい」

「えーー1人でできるの!?知らなかったー!」「もう一回見せて!!やっぱり〇歳はちがうわ!」「〇〇ちゃんが頑張ったらできたんだよー」「もう終わったの!?ママ終わってないよー」「ママはできないよ!」「〇〇ちゃん頑張ったもんね!頑張ったからできたんだよ!」「きれいになったわ。ありがとう!」

「ここまでできて凄いじゃない」「きのうよりもできてるよ!」「すっごく頑張ったよ。次もがんばろ」

男女間で褒め方が違う

男は結果を、女は過程を

そもそも男と女では脳使い方が違うので、喜ぶポイントがちがいます。ぜひ、覚えてください。”男は結果を、女は過程を”

女の子、女性の褒め方

こんな経験ありませんか?

奥さんに「今日の服のコーディネートいいね!」と言うと、「いつもは?」とよかれと思って褒めたにも関わらず受け取ってもらえなかった事。

奥さんの頭の中で勝手に「いつもは別に頑張ってないけど」というフレーズがくっついてしまったのです。めんどくさいですね。笑

めんどくさいですが、今までの過程も褒めてあげてください。「昨日のコーディネートも良かったけど、今日のこの組み合わせすごくいいね!」「髪切ったんだ!ロングも凄く似合ってたけど、その長さも似合ってるよ。」

めんどくさい生き物です。

何歳から女の思考になるかは知りませんが、女の子は、心の成長が早い子が多いと思われます。なので女の子のお子さんを褒める時は単純に褒めるのではなく、

例えば、縄跳びができるようになった場合は「毎日あんなに頑張ってたもんね。」と過程を褒めてあげましょう。

男の子、男性の褒め方

対して、男性は”結果”

結果を大袈裟に褒めてください。

旦那さんを褒める時、”結果だけを褒める”を決定事項にしていればちょっとした歪みがなくなると思います。

家事を手伝ってくれたとします。お皿洗いにしましょう。お皿洗いは終わりましたが、水が飛び散らかってるし、三角コーナーは片付いてないし…

多くの方は想像できましたね?色々言いたい事が思いつきましたね。そこをグッと堪えて”結果を褒める”思い出してください。

「洗い物してくれてありがとう。助かったわ!明日も洗ってくれたら嬉しいな!」

やった事を褒める。自尊心を高めてあげると、多分明日もしてくれるでしょう。ここで少しでも「三角コーナー片付けてないよ!?」とでも言ってしまうと「皿洗いやってやったのに文句言うなよ」と思われ、明日は絶対にやってくれないでしょう。

なんかどっちもめんどくさいですね。

仕方がない。脳の使い方が違うんですから。

“褒める”は脳をコントロールできる

とりあえず、子供の行動は褒めてみる。

ティッシュ引っ張り出して遊んでる!!

この時、「上手に出せるようになったねぇ」という事で、”汚くなるから辞めさせたい!”という脳の信号が、”子供の成長を見届けたい”という信号に変換されます。そして怒りや焦りは収まっていくでしょう。

おかず/ご飯しか食べない

「ご飯全部食べたね!凄いね!おかず/ご飯も食べてくれると嬉しいな!」と発する事で、”おかず/ご飯しか食べない”という思考を、”おかず/ご飯は全部食べた”という思考に変換してくれます。

冷静になったところで、「全部食べたら強くなれる」「プリンセスは残さないよ?」などあの手この手で食べてもらいましょう。

ワザとけなして過剰に褒める

例)着替えをして欲しい時

「〇〇ちゃん、着替えできないよねぇ。でもママお化粧して戻ってきた時、できてたら凄いなぁー」

着替えていたら、

「すごい!びっくりした!〇〇ちゃんお着替えできるの知らなかった!ママすっごく助かったよ!!」

と褒めちぎる!

このように色々なケースで闘争心をあおります。

ポイント

子供の表情を見ながら、この技を使うか判断。「できるし!」と泣かれると大変な事になります。

YUKI息子は単純BOYなので、100発100中です。お子さんの性格によっても効果は違うと思うのでやってみてください。

まとめ

褒められるのが嫌な子供なんていないんです。

大人も照れくさいから隠そうとするだけで、褒められると嬉しいでしょ?

褒めれば褒めるほど、自分も子供も幸せになります^ ^

よい1日を、よい人生を!

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました