ヒトカゲのコスプレ(キッズ)

ヒトカゲの作り方

息子君を大好きなリザードンに返信させてあげたので、妹ちゃんをヒトカゲにしてみました。

どんなデザインにするか

まずはデザインを考える上でコンセプトを考える。

  1. 脱ぎ着しやすい、乱れない。でも可愛い
  2. 洗いやすい
  3. 座りやすい

     ↓

  • 可愛さを引き立たせるように「つなぎタイプ」にする。脱ぎ着しやすいように長めのジッパーをつける。
  • 2,3より、しっぽは取り外し可能にする。

顔はオレンジ色の帽子を使用します。

ヒトカゲコスプレのイメージ図
図にするとわかりやすい

準備物

  • 大きさの参考にするつなぎの服
  • Tシャツ型紙(CIRCOさんの「いつものTシャツ」を使用)
  • モンキーパンツ
  • 布(オレンジandクリーム色。※ニット生地を使用)
  • 炎の部分のフェルト(赤and黄)※フェルトでなくても大丈夫
  • ジッパー
  • マジックテープ
  • スナップボタン
  • 綿
  • (あれは)ニット伸びどめテープ
  • オレンジの帽子(園児のカラー帽子を使用)

工程

型紙の作成

無料型紙「いつものTシャツ」の型紙モンキーパンツと、参考にするつなぎの服を用意

いつもの下のTシャツの裾部分繋がるようにズボン部分を作成する。※全長はつなぎ服と同じになるようにします。→前見頃、後身頃どちらも作成

布を裁断する

前見頃はそのまま裁断してもいいですが、後身頃は真ん中から2枚に裁断するので+1.5cm〜2cmプラスする。

前身頃の写真
ヒトカゲコスプレのイメージ図
後見頃の裁断方法。前身頃を半分に折り、真ん中部分を2㎝ほどプラスして裁断する。

前見頃

お腹のクリーム色の部分を決める。

直接消えるチャコペンで範囲を付けました。※遠目から見て、イメージ通りになっているか確認しましょう。

チャコペンで書いた線の内側に、7mmの縫い代を付けて裁断する。

お腹部分を布を作る

切り抜いたお腹をクリーム色の布に乗せ、外側に7mmの縫い代を付けて裁断する。

※縫い代のつける部分を間違えると、サイズが異なり、縫い合わせられなくなりますので注意!

縫い合わせる

※家庭用ミシンの場合は、まず、すべての部分に端ミシンをかけてください。

①前見頃(オレンジ)にお腹(クリーム色)に縫い付ける

しっかりクリップで位置を決めて縫ってください。

※全部縫い付けた後に写真を撮っていない事に気づきました。袖を付ける前にお腹を切り抜いてください。

②肩→袖→両側の順で縫い付ける

私の好みの順番なので違う順番でもいいと思います。

③後見頃の下10㎝位を縫い代1.5cm~2cmで縫う。

④足の部分を縫う

⑤足リブ付け、襟付け、袖を2つ折りor3つ折りで縫う

こんな感じで仕上がります。

この時できたら試着させてファスナーの長さを決めるとイメージ通りに仕上がります。

ヒトカゲコスプレのイメージ図

⑥ファスナーをつける

⑦しっぽを作る

大きさ形を決め、オレンジ色とクリーム色の布を裁断する。

クリーム色の表側、しっぽの付け根の部分にマジックテープ(硬い方)をつける。

※ぎりぎりに付けると綿を入れて閉じる作業がしにくくなるので2㎝は開けたほうがいいです。

ヒトカゲコスプレしっぽの作り方

中表にし、外周を縫い、

表に返し綿を入れて閉じます。

ヒトカゲコスプレしっぽの作り方
ヒトカゲコスプレしっぽの作り方
こんな感じにしました

⑧火を作る

赤と黄色のフェルトを火の形に切り、黄色フェルトを赤にボンドでつけます。

中表にし、外周を縫い、

表に返し綿を入れ閉じます。

しっぽの先に縫い付けます。

⑨最後の仕上げ

本体の後見頃のお尻の部分にマジックテープ(やわらかい方)をつける。

火の根っこと後見頃にスナップボタンをつける。(マジックテープでもいいですが、外から見あない方がいいなぁと思ったのでスナップボタンにしました。)

※顔帽子は後程投稿します!

ヒトカゲコスプレの作り方
完成しました。
ヒトカゲコスプレの作り方
かわいいです

座るとしっぽが邪魔なので苦しんでました。笑

簡単に取り外しできるようにしたので取ってあげましょう。

ヒトカゲコスプレの作り方
リザードンと並べるとこんな感じ

他にも子供にやさしい鬼滅の刃コスプレも作ってます。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました