挑戦したいことがあるなら1日でも早く!

産休中ママ友と遊んでいる時
服作りをしていると伝えた時に
「ミシンは持ってるけどミシン苦手で」
という声をよく聞きました。

「だから、ミシン使ってないんだよねー」
という友達多かったなーと。

こんなことを、この前思い出して、
私も、もちろん最初から
ミシンを上手に扱えたわけじゃなくて、
時間がある産休中に猛特訓したんですよね。

その成果もあり
MAXスピードで真っ直ぐ縫えて、
簡単な服だと1時間もかからずに作れるようになりました。
(でもやっぱ集中してないと失敗するよ…)

時間がある産休中に
失敗しながら何個も作品を作ったから
それからは「思い通りの服を早く作れるようなる」
という技術を手に入れた。

そう思うと
何か新しいことを始める時、
洋裁ではなくて違うことでも

早く練習を始めた方が、それができるようになる日が早く来る。
人生の中でより長く、自分の満足できる日々を
過ごすことができるのでは?と、考えました。

思い立ったが吉日で

1日でも早く、躊躇して悩む前に
一歩踏み出した方が、
自分が満足できる日々を長く味わえるってわけです。

始めた頃は
上手くいかなくて、投げ出したくなるけど
それを超えれば自分のもの

もし私3年前に
服作りをしたいのに挑戦していなかったら
当たり前だけど、今の私はいない。

三つ星レストランのシェフも
オリンピック選手も
みんなスタートがあって
失敗しながら、投げ出したくなりながらも
続けてきたからこそ今がある

実際に私も「この服作りを仕事にしたい」という想いを躊躇してた。
安定収入のダブルインカムって結構大きい。
でも仕事をしていたら一生趣味の範囲で終わってしまう
モヤモヤしながら仕事復帰した

今、過去の私に伝えたい
「その想い、さっさと仕事辞めて夢叶えなよ」

結構大きな挑戦を例にあげちゃったけど
料理が上手くなりたいんだったら
料理教室に通うのもアリだし

きれいになりたいんだったら
メイクを勉強したり
姿勢を正しくするトレーニングを始めたり・・・

何かやりたいことがある時、
最初はもちろん怖いけど、一歩踏み出してみようよ

やりたいことができる「理想の自分」でいる時間を
1日でも1秒でも人生の中で長くするために。

 

「サンタ服」の予約販売中

新作のサンタクロース服
ご購入の方で、
公式LINEに登録いただいた方
「ママのための洋裁教室」グループLINE
にご招待いたします♫

☑️とりあえずやってみたい

☑️服作り、自信がない

☑️でも作ってみたい!
☑️質問する人がいない
☑️質問できる場があれば嬉しい
☑️1人だと挫折するかも
☑️同じ目標のママ友が欲しい!

こんな方はぴったり♫

「ママのための洋裁教室」グループLINE
☑️気軽に質問できる
☑️わかるまで解説します
☑️途中経過の写真共有でモチベーションUP
☑️同じ目標をもつママばかり!

予約販売開始!↓こちらから↓

ご購入された方は
グループLINEにご招待!
「サンタ服グループLINE」
とメッセージください

質問だけでもOK!
「サンタ服質問」
とメッセージくださいね♫



登録できない方は@を忘れずに
@851bdnwk でID検索お願いします♫

●現在お申し込み可能な講座●

【継続コース】
基礎からオリジナル服製作まで
全てを学べる

【リモート裁縫教室】
気軽に質問・オンラインで完結
〜10分単位で振り替えられる〜

公式LINE登録特権
無料プレゼント

ーーーーーーーーーーーーー
<特権1>

これさえあればなんでも作れる
【無料型紙集】

鬼滅の刃、禰豆子・炭治郎
「型紙の作り方」も
希望者にはプレゼント

<特権2>
【定期配信:型紙アレンジ方法】

今すぐ使える簡単なアレンジ方法を
週1〜週3で配信しております

ーーーーーーーーーーーーー

>>こちらからLINE@に登録してね<<

登録できない方は@を忘れずに
@851bdnwk でID検索お願いします♫

>>YouTube<<
>>Instagram<<
>>公式LINE<<

●こうのゆきえプロフィール●

1986年生まれ(福岡県)

2017年長男
2019年長女
の2児の母

23歳 大学卒業後
正社員として就職
(営業の仕事)

31歳 長男が誕生したことを機に
洋裁を始める

32歳 仕事復帰後すぐ産休へ
待望のロックミシンを購入
服作りに没頭する

33歳 仕事に復帰するも
洋裁の楽しさを伝える
仕事をしたい気持ちが
捨てきれず

34歳 11年勤めた会社を退職

★ミンネ・メルカリでオーダーメイド服販売・即完売

★毎日500アクセス以上、ブログにてコスプレの作り方を紹介

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました